アトピー 黒ずみ

アトピー肌の黒ずみを消そう!

アトピーによる皮膚の症状は人によって違いますが、代表的なものは炎症とかゆみです。

 

炎症が起こると、肌はそのダメージから細胞を守るためにメラニン色素を作ります。

 

また、かゆみが発症するとつい掻いてしまいますが、この刺激に対しても肌の防御機能が働いてメラニン色素が発生します。

 

そのため長期間炎症やかゆみが続くと、メラニン色素が蓄積してしまい黒ずみが出来てしまいます。
色素沈着のメカニズムを知って綺麗に消してしまいましょう。

 

 

 

色素沈着のメカニズムとは?

メラニン色素は、あらゆる刺激やダメージから肌細胞を守るために作られるものですから、肌の健康維持には必要不可欠です。

 

肌の奥で発生したメラニン色素は、健康な状態であればターンオーバーとともに表皮まで押し上げられていきます。

 

後は古い角質に混ざって剥がれ落ちていくので、黒ずんでしまうことはありません。

 

しかし、慢性的なダメージや保湿力の低下によってターンオーバーのサイクルが乱れていると、メラニン色素は排出されず残ってしまいます。

 

この状態で炎症が起こると、基底膜が壊れてしまいメラニン色素が真皮の内側に落ちます。

 

内側に落ちたメラニン色素は、留まる期間が長引くほど排出されにくくなる上に、排出しきれなかったメラニン色素はそのまま残り続けます。

 

さらに炎症が続いてしまうと、メラニン色素が落ち続けるので濃い色素沈着が起こるのですね。

 

 

 

保湿ケアでターンオーバーを促進する

本来なら炎症をすぐに鎮静したり、かゆみがあっても掻かないことが黒ずみ解消の近道です。

 

ですが、アトピーの場合はどちらも難しいですし、そもそも炎症やかゆみがすぐ治るならアトピーで悩む必要はないので、黒ずみはケアで解消するしかありません。

 

肌細胞の中に沈着しているメラニン色素は、自分の手で取り出すことはできません。

 

レーザー治療以外では、メラニン色素はターンオーバーによって排出するしかないため、まずは保湿ケアを徹底してください。

 

アトピーケアのためにきちんと保湿している、という方でも、今一度ケアアイテムなどを見直してみましょう。

 

保湿アイテムと一口に言っても、中には浸透力が弱かったり、肌に負担となる添加物が入っているものがあります。

 

こういったアイテムでは有効成分が浸透しにくいので、保湿によるターンオーバーの促進ができません。

 

保湿ケアは、ただ保湿アイテムを使うだけではなく、浸透力や有効成分などで選んだものを使わないと意味がありません。

 

浸透力が高いアイテムを選んでターンオーバーを促進してください。

 

 

評価の高い保湿ケア

アトピー肌の色素沈着対策として代表的なものに『みんなの肌潤糖』があります。

 

自然派の保湿ケア用品なんですが、通常の保湿用品とは違い、肌のバリア機能を高めることで正常なターンオーバーを導いてくれます。

 

副作用の心配がなく、赤ちゃんの肌にも使えるほど肌に優しいものなので、アトピー肌の色素沈着で悩んでいる人にとっては救世主的なスキンケアです。

 

クチコミの評価が高く、現在日本で最も売れている保湿ケア用品なんだそうです。

 

気になった方は↓の公式ホームページをチェックしてみてください。

 

公式HP:みんなの肌潤糖

 

 

 

美白成分は使っても良い?

確かに美白成分はメラニン色素の排出を促したり、ターンオーバーを活性化する働きを持っているので、黒ずみの解消にはとても効果があります。

 

ただ、残念ながらアトピーの方は美白成分が入った基礎化粧品を使うのはおすすめできません。

 

というのも、美白効果が認められている美白成分というのは肌への刺激が強く、アトピーの人が使うとトラブルが起こるリスクが高いのです。

 

普通肌の人でも、白斑が出来たり赤みやヒリヒリとした刺激を感じることがあるぐらいですから、刺激に弱いアトピー肌には危険です。

 

美白成分の中には天然由来の成分があるものの、植物に対してアレルギーがあればやっぱりアトピー症状が出る可能性があります。

 

黒ずみにダイレクトな働きを持つ美白成分は魅力的かもしれませんが、肌トラブルが起きてしまったら元も子もないので、美白成分を使うのは止めておきましょう。

 

 

 

まとめ

アトピーの黒ずみを消すには、とにかく保湿をすることがもっともベストな方法です。

 

ただし一度沈着したメラニン色素は、保湿ケアでターンオーバーを促進しても消えるまでにはある程度の時間が必要です。

 

普段から保湿ケアを徹底しておけば、メラニン色素が沈着しにくくなりますから、例え炎症やかゆみがひどくても色素沈着を予防できます。

 

ですので、できれば黒ずみが出来てからではなく、出来る前にしっかり保湿をして黒ずみの発症を防ぐのがベストです。

 

 

▼私の体験談▼

 

アトピー跡が1ヵ月で治った!自宅で簡単にできるスキンケア>>