アトピー 顔の乾燥

顔のアトピー対策

アトピーの人の肌の特徴に、乾燥していてカサカサしている、顔などに赤みが出ることなどが挙げられます。

 

顔が乾燥していると、見た目にも悪いですし、赤みがあるとそれだけで印象も変わるでしょう。

 

肌が敏感になっているので、保湿をしてもすぐに乾燥してしまうことが悩みになりますね。

 

肌がつっぱる感じも出やすいので、簡単な対策をしてそのような悩みを解消しましょう。

 

 

 

肌を必要以上に洗わないこと

アトピーの人は、乾燥により常に油分が足りない状態になっています。

 

保湿剤を塗ると、アッという間に浸透していくのには驚きを隠せません。

 

一般的な肌の人が保湿剤を塗ると、しばらくはベタついた状態になるのですが、アトピー肌の人はすぐに保湿剤が肌に浸みていくのです。

 

特に顔は外気にさらされていますから、乾燥ですぐに赤くなってしまうでしょう。

 

顔の赤みを抑える方法の一つに、肌を必要以上に洗わない方法があります。

 

洗顔する際にはなるべく洗顔料を使わずに、ぬるま湯で少し濡らす程度に留めておきましょう。

 

特に頬の赤みは毛細血管の拡張が原因になるので、寒暖差に気を付けながら保湿に気を配りたいですね。

 

洗顔を必要以上にしないことや、顔の乾燥対策は普段の生活でも簡単に出来ます。

 

職場や学校には保湿剤を持っていくようにして、休憩時間などにこまめに塗っておくと顔色や肌の質が元に戻っていくでしょう。

 

 

 

食事のバランスを見直そう

意外と見落としがちなのが、食事です。

 

アトピーによって、顔の乾燥や赤みが気になる人は、肌のケアのことばかり考えがちでしょう。

 

しかし、添加物を含んだ食事、糖質や脂質の多い食べ物は体の免疫力を下げるので、肌のバリア機能を低下させると言われています。

 

肌質の改善は、肌の内側つまり体内から行うべきだと言う指摘もあるように、食事は非常に大事でしょう。

 

肌の乾燥や赤みは、このように食事のバランスが乱れることによっても起こります。

 

肌のバリア機能を回復させて強い肌にさせる為には、体を健康にする必要があるのですね。

 

アトピーによって、顔の乾燥や赤みが気になる人は、是非食事の見直しを行いましょう。

 

食事を変えただけで体質が変わったと言う人もいます。

 

食事内容の見直しは非常に重要なのです。

 

 

 

赤みや乾燥を長引かせないこと

アトピーの人が肌色の赤みや炎症を起こさせる原因の中に、掻き毟りがあります。

 

アトピーの人でしか、この痒みと不快感は分からないですが、掻き毟ってしまうことがよくあるでしょう。

 

注意していても、無意識のうちに痒みを掻き毟りで抑えてしまうのです。

 

掻き毟らないことで、肌の赤みや乾燥を長引かせないことは出来ますね。

 

もしあまりにも我慢できないような痒みであれば、ステロイド剤を使用することも出来ます。

 

ステロイド剤は、自分勝手な判断で断ち切ることは危険ですから、もしステロイド剤を使用する場合には、リバウンドしないように正しく使用するようにしましょう。

 

強い薬にはそれなりのデメリットもあります。

 

しかし、炎症を長引かせないと言う意味で正しく使用すれば、乾燥や赤みを断ち切ることが出来るのです。

 

顔は外部からの刺激を受けやすいので、乾燥や赤みが起きてしまいがちですよね。

 

顔の炎症を長引かせないことで、対策は出来ますから掻き毟りを抑え、辛い時にはステロイド剤を使用することも適切な手段になるでしょう。

 

▼評価の高い保湿ケア▼

 

アヤナス

 

 

まとめ

アトピーの人は、顔の乾燥や赤みに苦しむことが多いですね。

 

しかし、普段の生活で気を付けられることはたくさんあります。

 

炎症を長引かせないように薬を適切に使用したり、生活習慣を見直し、肌のバリア機能を回復させることです。

 

気長に自分でケアをしていけば、乾燥や赤みは徐々に薄れていくでしょう。

 

顔は一番目立ちやすいので、特に気を付けてケアしたいですね。

 

 

 

アトピー跡が1ヵ月で治った!自宅で簡単にできるスキンケア>>