アトピー 遺伝

アトピーと遺伝について

アトピーの原因はいろいろな説が挙げられますが、その1つに遺伝がありますね。

 

もし本当に遺伝するのであれば、自分の子供に辛い思いをさせたくないせいで妊娠を諦める女性もいるでしょう。

 

また、何をしても症状が改善しないイメージがあるので、親御さんがアトピーだったら自分のアトピーもどうにもならないと絶望してしまうかもしれません。

 

ではアトピーが遺伝するという説について、ホントの所を分かりやすく解説していきます。

 

 

 

遺伝によってアトピーは発症する?

遺伝するかしないかという点に限って言えば、アトピーは遺伝します。

 

ただし、遺伝する確率は100%ではありませんし、遺伝すると言ってもアトピー素因のDNAを受け継ぐだけのこともあります。

 

まず遺伝に関しては、両親のどちらかがアトピー体質という場合の確率は約30%、両親ともにアトピー体質だと約50%となります。

 

この確率を高いと感じるか、低いと感じるかは人によって違うので、遺伝確率に関しては何とも言えません。

 

ただ前向きな考えで言えば、両親がアトピー体質であってもアトピーになる確率は50%しかないということですから、遺伝に関して神経質になる必要はないでしょう。

 

また、

 

遺伝したのがアトピー素因であれば、しっかり対策を行えば発症を止めることも可能です。

 

いずれにしても、アトピーのDNAによる遺伝のパターンは複数ありますし、遺伝よりも生活習慣の方が発症に大きく関わっているので、生活習慣の乱れに注意しましょう。

 

 

 

遺伝によるアトピーは治らない?

アトピーが100%遺伝しないように、遺伝したからといって必ずアトピーが発症するというわけではありません。

 

遺伝と言っても、アトピーになりやすい体質であるだけなので、生活習慣やスキンケアに気をつけていれば発症しないことの方が多いのです。

 

それでも発症してしまったら、確かに治すのは難しいと言えるでしょう。

 

これはアトピーの方を見れば分かることで、逆に簡単に治せるのであればアトピーを恐れる必要はありませんね。

 

ただ、

 

治る治らないということに関して遺伝は関係なく、どんな原因にしてもアプローチの方法や改善するための対策は同じです。

 

ですが遺伝の場合だと、発症の原因の多くは皮膚の乾燥にあると言われています。

 

アトピー体質が遺伝した場合、うるおいを保持する力が弱かったり、

 

肌のバリア機能がもともと弱い可能性があり肌が乾燥しやすく刺激に敏感になってしまいます。

 

ですので、両親もしくはどちらかがアトピーという場合は、発症するしないに関わらず保湿ケアを徹底して行うようにしましょう。

 

 

 

遺伝したアトピーのケアで重要なこと

アトピーが遺伝している方は、当たり前ですが遺伝していない人よりも発症する確率が高くなります。

 

この確率を下げるには、発症させないための肌づくりが重要です。

 

発症の一番の原因が乾燥なので、保湿をするのはもちろんですが、ケアアイテムの選び方にも注意しましょう。

 

アトピー体質の場合だと、普通肌の人より保湿機能やバリア機能が低く、しかも乾燥によって保湿クリームの有効成分が浸透しづらい状態です。

 

一般的な保湿クリームは普通肌を基準に作られているため、ほとんどは表皮に留まってバリア機能をサポートする効果しかありません。

 

アトピー素因を持った肌はこういった保湿クリームでは乾燥が防げないので、浸透力が優れていること、保湿機能をサポートしてくれることを基準に選んでください。

 

ほとんどの方は、アトピーの原因が遺伝だと治らない、対策ができないと思っているようです。

 

そのため遺伝かどうかを気にするのかもしれませんが、結論を言うと遺伝だから治らない、遺伝じゃなければ治るというものではありません。

 

遺伝はあくまでも発症する確率が高いだけですし、逆に遺伝の可能性がある場合は発症する前に対策が行えるので、諦めずにしっかりケアをして発症を防ぐことを心がけましょう。

 

 

 

アトピー跡が1ヵ月で治った!自宅で簡単にできるスキンケア>>