アトピー跡 ステロイド

アトピー跡とステロイドについて

ステロイドの存在をご存じでしょうか?

 

アトピーの肌の治療にステロイドを使用することもありますね。

 

このステロイドに関しては様々な情報が飛び交っています。

 

アトピー跡にステロイドを使用すれば、症状が悪化すると言う説もありますが、本当の所はどうなっているのでしょうか。

 

ここでは、そんなステロイドの効果と副作用について解説します。

 

 

 

正しく使用することで悪化を防げる

アトピーの人が肌に炎症を起こすと、アトピー跡と言われるように跡が残ってしまうことがあります。

 

跡になるのは、炎症を重ねて悪化した皮膚炎を放置しているからなのです。

 

アトピーの人が痒みやただれに苦しむことは多々ありますね。

 

ステロイドの副作用が起こるからと言って、痒みを我慢しているうちに夜も眠れなくなったり痒みによるストレスが溜まることもあるでしょう。

 

ステロイドには、皮膚の炎症を抑えたり湿疹を抑える効果が期待されています。

 

炎症を起こしている肌は、痒みの連鎖を断ち切れていない可能性があります。

 

アトピー跡もこうした痒みの連鎖で悪化してしまうことがあります。

 

ステロイドによって悪化するのではなく、無意識に掻き毟ることや、ストレスによって悪化している可能性もあります。

 

まずは炎症を止めることが第一です。

 

辛い時にはステロイドを正しく使用すると良いでしょう。

 

 

 

ステロイドの副作用について

ステロイドの副作用は有名ですね。
症状としては、多毛、皮膚線条、顔の赤み、紫斑、毛細血管拡張、皮膚の萎縮、真菌感染、にきびなどがあります。

 

同じところにステロイドを塗り続けることで起こると言われているのです。

 

アトピーの人がステロイドを使用することは一般的なのですが、一気にステロイドの使用を中止してしまうと、リバウンドが起こります。

 

アトピーの人のリバウンドとは、副作用と言うよりは悪化した顔面の皮疹を放置することで起こります。

 

ステロイドによる副作用よりも、ステロイドを中止したことによる結果であると考えましょう。

 

顔のアトピー跡がステロイドによってひどくなったと感じる人は、ステロイドを正しく使用していない可能性があります。

 

ステロイドを使う際には、医師に適切な指導を受けて正しく使う必要があるのです。

 

自分の判断で勝手に中止することで、肌の赤みやアトピー跡がひどくなることがあるでしょう。

 

 

 

アトピーとステロイドの関係

アトピーの人にステロイドが有効的かそれとも必要でないかは、正しく使用出来るかどうかでしょう。

 

ステロイド自体は消炎作用がある素晴らしい薬です。

 

皮膚科や内科などでステロイドを出すこともしばしばあるのですが、何となく使っていると、自らの肌を悪くさせていることもあるでしょう。

 

特にアトピー跡は、炎症が起こる度に治りきらずに放置された肌ですから、根本的な治療が必要になります。

 

アトピー跡に塗ったり塗らなかったりと適当にしているうちに、アトピー跡が難治化するので、アトピー跡を治しているのか、副作用が起こっているのか分からなくなるのです。

 

ステロイドにはもちろん副作用があるのですが、アトピー跡を治そうと思っている方は使用方法を正しく守る必要性があるでしょう。

 

脱ステロイドをして一気に薬の使用をしなくなることで、リバウンドが起こります。

 

ステロイドに関しては、医師との連携でやめる時期を見計らっていくのが最善でしょう。

 

 

 

まとめ

アトピー跡にステロイドを使用すると悪化すると言うのは、正しい使い方が出来ていないことが多いからです。

 

ステロイドを使用する際には、ある程度経過を観察してから期間をかけて止めていくことが大事ですね。

 

その為にはステロイドに関しての細かな指導を受けて、自分の判断で勝手な塗り方や止め方をしない事に重点を置きましょう。

 

 

アトピー跡が1ヵ月で治った!自宅で簡単にできるスキンケア>>