アトピー 色素沈着

色素沈着を薄くする方法、教えます!

色素沈着と言う言葉を知っていますか?

 

アトピーの人が最も深刻としている問題に、色素沈着があります。

 

アトピーで色素沈着が起こると、赤みやくすんだ肌の部分はなかなか消えません。

 

女性は特に見た目も気にしますし、目立つ部分だとコンプレックスにもなるでしょう。

 

アトピーの人は、化粧品でもかぶれなどが起こり易く容易に色素沈着を消すことが出来ません。

 

ここでは、アトピーの色素沈着の3つの原因と薄くさせる方法についてご紹介しましょう。

 

 

 

色素沈着が起こる3つの原因について

アトピーによる色素沈着は、原因が分からなければ取り除くことが出来ません。

 

一時的に色素沈着が良くなったとしても、また再発するのが色素沈着の厄介な所でしょう。

 

色素沈着の原因は、3つに絞ることが出来ます。

 

まず1つにアトピーの人は、肌の内部で炎症が繰り返し起こっていることです。

 

炎症が起こりやすい肌は、一般的な肌に比べて色素沈着しやすくなります。

 

次にアトピーの人には、肌の角質層が乱れてしまうことで、バリア機能が低下しやすいと言う原因があります。

 

肌のバリア機能が低下することによって、そこに色素が入りやすくなるのです。

 

3つ目に、色素沈着の原因であるメラニンが過剰に分泌する原因が挙げられます。

 

メラニンは紫外線などでも発生しやすく、色素沈着の主な要因になりますね。

 

逆に言えばこの3つの原因を防げば、色素沈着も防ぐことが出来るでしょう。

 

 

 

肌のバリア機能を回復させること

肌の炎症が起こりやすいアトピーの人は、一時的にステロイドなどの薬を使って炎症を抑えることは出来ます。

 

しかしステロイドを使い続けていくことは、肌のダメージを起こしたり負担にもなるでしょう。

 

ステロイド以外の方法を考えてみると、肌の保湿でアトピーでの色素沈着が薄くなります。

 

肌のバリア機能を回復させる為には、肌の保湿が大事です。

 

アトピーではない人でも、保湿を怠ることで肌は乾燥してボロボロになっていきます。

 

アトピーの人は特に肌が敏感で乾燥しやすいですから、人一倍保湿に気を遣うことで肌質が変わっていくことでしょう。

 

その為には肌の機能を回復させて、維持出来るようなスキンケア用品を取り入れる必要があります。

 

色素沈着を起こさない為に、保湿をたっぷりとして、UVクリームを活用しながらメラニンの生成を予防すると良いですね。

 

日中はUVカットの出来るクリームをこまめに塗るようにします。

 

お風呂上りや、洗顔後には肌の保湿を継続していくことで、色素沈着を防ぎましょう。

 

 

肌のバリア機能を高めるアトピー対策スキンケア↓

 

みんなの肌潤糖

 

 

 

肌のターンオーバーで色素沈着を改善しよう

一般的に肌の色素沈着は、細胞が生まれ変わるターンオーバーによって排出される仕組みになっています。

 

アトピーの人は、炎症が繰り返される度にこのターンオーバーがうまくいかなくなるのです。

 

色素沈着で肌が黒っぽくなったり、赤みを帯びてしまうのは避けたいですね。

 

ビタミン類は、新陳代謝を促しながら肌のターンオーバーを正常化させることで有名です。

 

ビタミンの中でもビタミンCやEは新陳代謝を活発化させるのに有効的であり、ビタミンAやEはメラニンの生成を抑制すると言われています。

 

このようなビタミン類は普段の食事から摂取していきたのですが、もしビタミン類が食事から摂取しにくい場合には、サプリメントなどで補充すると便利でしょう。

 

食事から補えない分をサプリメントで継続摂取することで、それ以上の効果が期待出来るのです。

 

さらにビタミン類は肌をキレイに保つことが出来る成分ですから、出来るだけ摂取し続けていきたいですね。

 

肌のターンオーバーを正常化することで、色素沈着しやすい環境から肌を守りましょう。

 

 

まとめ

アトピーの肌が色素沈着しやすい理由がありますから、その肌を変えていくことで、色素沈着を防ぐようにしましょう。

 

しっかりとしたケアを続けることで、次第に色素沈着が薄くなっていくのが分かると思います。

 

アトピーの人の肌は特に炎症やダメージが起こりやすいので、対策を心がけましょう。

 

 

アトピー跡が1ヵ月で治った!自宅で簡単にできるスキンケア>>