アトピー 石鹸

無添加ボディソープでアトピーを改善しよう!

肌にはたくさんの常在菌が存在していますが、その中にかゆみを引き起こす黄色ブドウ球菌という菌がいます。

 

健康な肌には黄色ブドウ球菌の繁殖を防ぐ抗菌ペプチドという機能が働いていますが、アトピー肌はこの機能が弱いため洗っても洗っても繁殖してしまいます。

 

しっかり保湿をしていても、処方された薬を使っても痒みが治まらないという方は、黄色ブドウ球菌が大量に繁殖しているかもしれません。

 

そんなアトピー肌は、しみずの無添加ボディソープで改善していきましょう。

 

 

 

黄色ブドウ球菌による悪循環

アトピー肌は、もともと刺激から肌を守るバリア機能が低下しているため、刺激によって痒み物質のヒスタミンが分泌されることで強い痒みが起こります。

 

その痒みを我慢できず掻きむしってしまうと、肌が炎症を起こしてしまい、抗菌ペプチドの働きが弱まり黄色ブドウ球菌が繁殖します。

 

黄色ブドウ球菌にはデルタ毒素という刺激物質を発生させるので、この刺激によってさらに痒みが強くなります。

 

ただでさえアトピーによる痒みは強いのに、そこにデルタ酵素の刺激が加わるのですから、保湿や薬でも痒さを抑えるのは至難の技です。

 

そのため肌を掻きむしる、肌が傷ついて炎症を起こす、炎症によって黄色ブドウ球菌が繁殖するという悪循環が起こってしまうのですね。

 

 

 

しみずの無添加ボディソープがアトピー肌と相性が良い理由

肌の汚れや不要な菌というのはお湯で落とせますが、中にはそれだけでは落とせないものもあるのでボディソープを使って清潔な状態にします。

 

しかし、黄色ブドウ球菌はお湯では落ちませんし、ボディソープでもかなり強力な洗浄成分を使わないと落とすことができません。

 

ですが洗浄力が強い成分というのは、そのほとんどが石油系合成界面活性剤を使っているため、バリア機能が衰えているアトピー肌にはそれも刺激となってしまいます。

 

そんなアトピー肌のために開発されたのが、しみずの無添加ボディソープです。

 

しみずの無添加ボディソープは、肌に刺激を与えず黄色ブドウ球菌をしっかり落とせる石鹸をベースに、肌を健康にするビオチンを配合して作られています。

 

ビオチンが不足すると、肌機能が低下してアレルギー反応を起こしやすくなります。

 

そのビオチンをプラスしたしみずの無添加ボディソープは、ヒスタミンを抑制して健康な肌に導く効果が期待できるのでアトピー肌と相性が良いのですね。

 

公式サイトにリンクします↓

 

【しみずの無添加ボディソープ】

 

しみずの無添加ボディソープの特長

痒みの原因となる黄色ブドウ球菌を除去しながら健康な肌づくりをサポートしてくれるのがしみずの無添加ボディソープの特長ですが、実は他にも特長があるのです。

 

それは、75%もの美容成分が配合されているということです。

 

例えば角質層でバリア機能を維持する天然セラミド、殺菌作用や鎮静作用を持つ他ベンダーオイル、抗炎症作用やアトピー肌改善に効果的なカモミールオイルなど、アトピー肌に嬉しい美容成分がたっぷり入っているのです。

 

つまりしみずの無添加ボディソープなら、体を綺麗に洗うと同時にアトピー肌のスキンケアまで出来てしまうのですね。

 

もちろん、刺激となる合成香料やパラベン、鉱物油、シリコン、合成ポリマーなどの添加物はいっさい使っていません。

 

また、動物性由来の成分も入っていないので、動物に対するアレルギーを持っている方でも安心して使えます。

 

アトピー肌だと、体を洗うことさえ刺激になってしまうので、洗浄力が弱いものを選ぶというのが一般的です。

 

ですがそれが黄色ブドウ球菌の繁殖につながり、結果的に痒みがひどくなってさらに肌を傷つけてしまうという悪循環が引き起こされます。

 

しみずの無添加ボディソープなら、この循環を断ち切りながら肌の状態も整えられるので、アトピー肌をケアするアイテムの効果も高めてくれます。

 

普通肌でも肌をクリアにするのはスキンケアの基本ですから、アトピー肌と相性のいいしみずの無添加ボディソープで、ケアができる肌の土台作りをしていきましょう。

 

公式サイトにリンクします↓

 

【しみずの無添加ボディソープ】

 

 

▼TOPページ▼

 

アトピー跡が1ヵ月で治った!自宅で簡単にできるスキンケア