アトピー 漢方

漢方はアトピー体質を改善する?

アトピーの発症には体質が関わっているため、改善するには症状だけではなく体質にもアプローチする必要があります。

 

肌を刺激から守ったり、ダメージを回復する治癒力が備わった体質であれば、アトピー要因があるとしても症状を抑えることができます。

 

中国では古くから薬として使われていて、日本でも医療機関で処方されるようになった漢方は、体質を改善することで疾患にアプローチしていきます。

 

さらに症状を緩和する効果がある生薬を組み合わせることもできますから、多角的にアトピーの改善を促す効果が期待できると言われています。

 

 

 

アトピーに効く漢方の成分

漢方も西洋医学で使われる薬も、病気や症状に合わせたものが処方されますが、漢方の場合は薬よりも細かく生薬(薬効成分)を組み合わせます。

 

アトピーと一口に言っても、その症状というのは人によって違います。

 

常に湿疹ができる人もいれば、かゆみが強い人もいますし、発疹が出る上にじゅくじゅくしたり、広範囲で赤みが出る人もいます。

 

つまりアトピーであっても人それぞれに症状が違うので、処方される漢方も使われる生薬が違うため一概にこれが良いとは言えないのです。

 

ただ、比較的広い範囲でアトピーにアプローチする漢方もあるので、参考にしてみてください。

 

アトピーの症状の中でもスタンダードな乾燥肌でかゆみがあり、循環機能が低下していて冷えがあるという方は当帰飲子が良いと言われています。

 

黄連解毒湯は、赤みや湿疹に加え化膿しやすく、体温が高く暑がりな体質の方に向いています。

 

ブツブツができやすく肌が乾燥していて、体が弱くて貧血気味という方は温清飲の効果が期待できるので、症状と体質に合わせてチョイスしてみてください。

 

 

 

漢方選びを失敗しないためには

最近は、ドラッグストアや通信販売で市販の漢方を購入することができます。
だからこそアトピー対策に漢方を取り入れやすいのですが、自己判断で漢方を選んでしまうと効果が得られないかもしれません。

 

生薬の組み合わせは人の数だけあるといっても過言ではありませんし、同じ症状であっても体質や原因は人によって違います。

 

自分に合っていない漢方を服用してしまうと副作用が起こることもあるので、失敗しないためには専門家に選んでもらうのがベストです。

 

本来なら医療機関を受診して処方してもらうのが理想ですが、忙しくて病院に行く時間がないという方は、薬剤師がいる薬局やドラッグストアで相談しましょう。

 

薬剤師は、市販されている漢方薬であれば効果、効能、副作用などの知識を持っていますから、少なくとも自分で選ぶよりは失敗のリスクを減らせます。

 

 

 

市販の漢方を選ぶ時は副作用をチェック

近くに漢方に詳しい薬剤師がいなかったり、相談するのも抵抗があるという方は市販の漢方を購入するしかありませんね。

 

もしどうしても自分で選びたい場合は、症状に合っているというだけではなく、副作用をしっかり確認してください。

 

市販の漢方は、誰でも安全に服用できるように開発されているため、生薬の含有量が少なくなっています。

 

それでも副作用のリスクがありますし、製薬会社によって成分の配合量や添加物の割合が違うので副作用の度合いも異なります。

 

いくら自分の症状に合っている漢方であっても、使われている生薬の種類によっては副作用が出てしまうことがあるのです。

 

漢方は副作用がないというイメージがあるので、市販のものだと効果だけで選んでしまいがちですが、想定外の症状が出る可能性は否めません。

 

ですので、購入前には副作用も必ずチェックをして、できるだけリスクの低い漢方薬を選ぶのが正解です。

 

漢方は、自分に合ったものが見つかれば、薬よりも安全に症状の緩和や疾患の改善効果が期待できます。

 

ただしアトピー対策としての漢方はあくまでもサポート的な役割で服用するもので、生活習慣の改善はもちろん、スキンケアと併用するのが鉄則です。

 

特に外側からのケアを怠るとダメージのせいで回復が遅れてしまうので、いつものケアを続けながら取り入れていきましょう。

 

 

▼私の体験談▼

 

アトピー跡が1ヵ月で治った!自宅で簡単にできるスキンケア>>