アトピー 汗

汗はアトピーに良い?悪い?

汗は、体内の老廃物や不要物を排出するための分泌物なので汚いイメージがあるかもしれません。

 

またべたつきやムレの原因にもなりますから、雑菌が繁殖してかゆみや炎症を悪化させると思っている方もいるでしょう。

 

確かに大量に汗をかいてしまうと、汗の中に含まれるかゆみ物質のせいで肌が痒くなったりします。

 

しかしこれはあくまでも大量にかいた時だけであって、アトピーにとって汗は敵ではないのです。

 

汗には汗の大事な役割がありますし、汗をかかないことがアトピーを悪化させる原因にもなるので、アトピーを改善したい方は汗について正しい知識を持っておきましょう。

 

 

 

汗の持つ役割とは?

前述したとおり、汗というのは血液などに混ざって運ばれてきた老廃物などを排出する役割を持っています。

 

ですが、排出だけが仕事ではありません。

 

汗の主成分となるのは水分なので、汗が分泌されると肌の角質層に水分が補給されます。

 

逆に汗が少ないと角質層の水分量も減少してしまうので、汗は肌にうるおいを与える働きをしているのですね。

 

また、生命維持活動にも関わるのが汗の体温調節です。

 

体温が高くなると汗をかくのは、汗を分泌して肌から表発する気化熱を使い、皮膚の表面温度を下げたり体内の熱を放出する機能が正常に働くからです。

 

汗をたくさんかいたり、気がつかない程度の分泌量になったりするのは、体温をコントロールするためでもあるのです。

 

さらに汗というのは皮脂と混ざり合うことで表皮に皮脂膜を作ります。

 

皮脂膜はバリア機能の一つですから、汗が分泌されないとバリア機能が低下して肌トラブルが起きやすくなるので、肌の健康のためにも必要不可欠なのです。

 

 

 

汗をかくことが改善策になる

結論を言えば、汗はアトピーに良いものですから、汗をかいたとしても気にする必要はありません。

 

それなのに、汗をかくとアトピーが悪化すると思い込んで、かかないようにしてしまうと肌は健康な状態にはなれません。

 

汗をかかなくなってしまったら、体内の老廃物がスムーズに排出されなくなるため、吹き出物が出来たりターンオーバーが低下してしまいます。

 

この状態ではどんなにスキンケアをしても効果が得られませんから、改善からどんどん遠ざかることになります。

 

分泌されるタイミングにもよりますが、汗は基本的に体がデトックスを行うことで分泌されます。

 

多汗症などの疾患を除けば、汗がしっかり分泌されるのが健康である証拠ですから、アトピーの方も汗をかくという改善策を行っていきましょう。

 

 

 

アトピーの発汗量は?

汗というのは、肌のバリア機能が低下してスムーズに働いていない肌だと分泌活動が滞りますし、自律神経が乱れていると汗の分泌コントロールが狂ってしまいます。

 

アトピーはバリア機能が極端に弱くなっていますし、かゆみなど刺激によって自律神経のバランスが乱れることも多いため、残念ながら普通の人よりも汗をかきにくいという性質があります。

 

さらに、自発的に汗をかかないようにしている人も多いので、アトピーの発汗量は総体的に少ないと言われています。

 

この状態を放っておくと、汗をかきづらい体になったりデトックス機能の低下にもつながり、結果的にアトピーの悪化を加速させるかもしれません。

 

ですのでアトピーの方は汗をかくことを恐れずに、有酸素運動をしたり半身浴をしたりして発汗を促す習慣を取り入れてください。

 

今まで汗をかかないようにしていた、という方からすると、いくら汗が重要な働きを持っているとしても汗をかくことに抵抗もあるでしょう。

 

ですが、汗が持つ役割を見れば分かるように、汗の役割はどれもアトピー肌の改善に必要なことです。

 

いろいろな情報が溢れているので、良いか悪いかを判断するのが難しいかもしれませんが、汗はアトピーにとって良いものなので安心して汗をかける生活習慣を身につけましょう。

 

 

▼私の体験談▼

 

アトピー跡が1ヵ月で治った!自宅で簡単にできるスキンケア>>