アトピー 日焼け

アトピーと悪化させない日焼け方法

アトピーの方はひどい発疹や炎症で皮膚が浅黒くなったり、色素沈着を起こすこともあります。

 

また発疹の範囲が広かったり、洋服ではカバー出来なかったりすると、日焼けで隠してしまいたいと思うかもしれませんね。

 

ただ、アトピーの人は紫外線の刺激でも症状が悪化すると言われてますから、日焼けしたくても諦めている方も多いでしょう。

 

ですが日焼けという点に関して言えば、アトピー肌でもすることができるので、症状を悪化させない日焼け方法をご紹介します。

 

 

 

日焼けの方法は太陽光だけではありません

日焼けというと、夏の強い日差しの下でするものというイメージがありますが、日焼けサロンでもできます。

 

今は美白が主流ですから、昔ほど日焼けサロンは見かけなくなりました。

 

それでも日焼け人口はゼロではないので探せば意外と営業しています。

 

日焼けサロンのマシンは、有害な紫外線をできる限り排除していて、肌を黒くする波長をメインに浴びることができます。

 

つまり、肌に刺激となる波長はほとんど含まれていないので、アトピーの方でも日焼けをするのは不可能ではありません。

 

ただし炎症がひどかったり化膿している場合には、必ずかかりつけの病院に相談してください。

 

医師の許可がおりればまずは弱い照度から始めてみて、肌が慣れたら少し照度を上げるというように、じっくり灼いていきましょう。

 

もちろん途中でかゆみや痛みが出たらすぐに止めなくてはいけませんが、特に症状が悪化しないのであれば、日焼けサロンを利用して日焼けをするといいですね。

 

 

 

紫外線を使った治療法もある

アトピーの状態や症状にもよりますが、実はアトピーの治療法の中には紫外線を使ったものがあるのです。

 

これはPUVA療法というもので、アトピーだけではなく難治性の湿疹や白斑、掌蹠膿疱症、菌状息肉症など皮膚疾患の治療に適用されます。

 

治療方法は、まず紫外線の感受性を高めるソラレンという薬を肌に塗るもしくは内服します。

 

またはお湯に溶かして入浴した後に波長の長いUVAという紫外線を照射します。

 

そして肌が紫外線に反応することで、皮膚に発症している疾患を治していきます。

 

もちろん、治療で使用する紫外線と太陽光の紫外線は別物なので、単に太陽を浴びて日焼けすればアトピーが治るということではありません。

 

ただ紫外線の中には皮膚疾患に効く波長がありますし、黄色ブドウ球菌を殺菌する作用もあると言われています。

 

軽度のアトピーであれば日焼けをすることで改善効果が期待出来る可能性はあるので、医師に相談してみましょう。

 

 

 

自己判断による日焼けのリスク

こんがり焼けた小麦色の肌は健康的に見えますし、多少のトラブルなら隠すことができるので、アトピーの方にとって日焼けはとても魅力的かもしれません。

 

しかし、健康な肌の人であっても太陽光による日焼けは、シミやシワはもちろん皮膚がんなどのリスクを高める行為です。

 

ですので普通肌より保湿機能が弱く、回復力も低下しているアトピーの方が自己判断で日焼けをするのはとても危険です。

 

太陽光の紫外線のダメージは想像以上に強いですから、症状が悪化したまま長期間治らないかもしれませんし、よりひどい色素沈着が起こるでしょう。

 

また、炎症などで弱っている肌を紫外線でいじめてしまうと、保湿機能はずっと回復しない可能性もあります。

 

これは紫外線の強さに関係なく、紫外線を浴びることで起こるリスクですから、秋冬でも自己判断で日焼けをするのは絶対に止めてください。

 

紫外線によるアトピーの改善効果というのは、他の改善方法よりも個人差がかなりあります。

 

その人の体質や肌の状態、アトピーの発症原因によって効果は異なるので、口コミなどで日焼けが良いと言われていても鵜呑みにするのは止めましょう。

 

いずれにしても、医師は紫外線の効果もリスクも知っていますから、必ず相談してから判断してください。

 

 

▼私の体験談▼

 

アトピー跡が1ヵ月で治った!自宅で簡単にできるスキンケア>>