アトピー ワセリン

アトピーにワセリンは効果的?

アトピー肌の人は、皮膚に様々なトラブルを抱えます。

 

アトピーが重症化すると、肌のコンディションも悪くなりますから、アトピー用の保湿剤を塗っても今いち効果が出ないこともありますね。

 

保湿剤を使用しても結果が出ない方はワセリンが効果的だと言われているのです。

 

またアトピーの人の肌にワセリンが効果的だと言う見方もあるのですが、そこにはメリットもデメリットも含まれています。

 

ワセリンは本当にアトピーに効果が期待出来るのか知りたいですよね。

 

 

 

ワセリンは皮膚保護剤として考えよう

一般的に、ワセリンは皮膚を保湿しながら痒みやただれを治していくと言うイメージがあるでしょう。

 

しかし、ワセリンは保湿剤とは少し違います。

 

保湿剤とは、ワセリンをベースにしてそこに保湿成分を加えたクリームのことです。

 

ですから、ワセリンが保湿剤と思うことは正しくないでしょう。

 

ワセリンは、どちらかと言えば皮膚保護剤のような役割をしています。

 

保湿剤で知られる尿素のケラチナミンや、ヘパリン類似物質の薬であるヒルドイドはワセリンをベースにして作られていますから、ワセリンそのものを保湿剤と考えないようにしましょう。

 

アトピーは、肌が乾燥して敏感な状態になっていることで痒みを伴う症状です。

 

これに対してワセリンは一時的に肌を保護する役目があるだけで、保湿効果としては万全でありません。

 

アトピーの症状に全く役立たないことはありませんが、尿素のケラチナミンなどが配合された保湿剤の方が効果も長持ちすると考えて良いでしょう。

 

アトピーはワセリンで完全に治るものではありませんが、一時的な皮膚の保護は出来ます。

 

デメリットは、ベタつくことくらいと考えましょう。

 

 

 

アトピーに対するワセリンの効果

ワセリンは、塗って分かる通りベタベタしますね。

 

ワセリンがべたついてしまう人は、ある程度自分の皮脂が出やすい人なので、アトピーが良くなっているサインと思っても良いでしょう。

 

逆にワセリンを塗ってベタつかないと言う人は、皮脂が不足して皮膚が乾燥している人なのです。

 

アトピーの人がワセリンを塗ると、一瞬で皮膚に溶けるような感覚が出ると言われています。

 

アトピーでなければ、しばらくはベタついた感じがしてしまうでしょう。

 

ワセリンの効果が最も出やすい人は、アトピーの人の中でも皮膚が乾燥して、動かすと突っ張って痛み、膝の内側や肘裏を曲げられない人です。

 

アトピーが重症化していると、皮膚の敏感性や乾燥性がもっとも高くなりますから、保湿剤などに含まれる添加物や界面活性剤に肌が反応します。

 

このような時に皮膚への負担と刺激が少ないワセリンを使えば、痛みやひりついた感じもなく4時間程度は関節が曲げられるくらいに回復するでしょう。

 

ワセリンの効果は、このようにアトピーでも重症化している人に出やすくなります。

 

 

 

ワセリンはアトピーを悪化させません

アトピーの人が肌の乾燥や、かぶれなどで保湿剤を使うと悪化することがあります。

 

これは、保湿剤に含まれる成分によって肌に刺激が伝わるからです。

 

皮膚状態が悪い時に、かぶれは起こりやすいので注意しなければなりません。

 

保湿剤は、成分が曖昧なものもあり、アトピーの人は特に塗る時に勇気がいるものです。

 

アトピーの痒みと、クリームによるかぶれを併発させれば事態はさらに深刻化するでしょう。

 

ワセリンは、かぶれを起こす要素がありません。

 

とりあえず塗っておけば、アトピーを悪化させることが無いと考えましょう。

 

ただし、ワセリンですら刺激になると言う人も中にはいます。

 

高級なワセリンもありますから、そちらを試してみても良いですね。

 

しかし、それでもダメなら逆に何も塗らない方が無難でしょう。

 

ワセリンは、保湿効果は少ない代わりに皮膚への刺激が少ないので、アトピーを悪化させないと考えたいですね。

 

アトピーの人がワセリンを塗って症状が悪化することは稀です。

 

しかし、特にアトピーを治すことはないので、重症化して保湿剤もダメな場合には肌を保護する役目として、塗っておくことをオススメします。

 

 

▼評価の高いアトピーケア▼

 

みんなの肌潤糖

 

 

ボタン