アトピー ヨーグルト

アトピーはヨーグルトで良くなる?

ここ数年で爆発的に増加している花粉症ですが、その対策にはヨーグルトが良いと言われています。

 

そのため、花粉症が発症しやすい時期になると、ヨーグルトが売り切れてしまうこともありますね。

 

そしてアトピーも花粉症と同じく免疫異常で発症する病気ですから、アトピーもヨーグルトで良くなると言われますが、これは本当なのでしょうか。

 

ここでは、アトピーがヨーグルトで良くなると言われる理由をご説明します。

 

 

 

腸内環境とアトピー

人間の血液の中には白血球など免疫機能の役割を持った物質があり、この免疫細胞が常に体をめぐっていて、健康を阻害する異物が侵入しないように見張りをしています。

 

しかし免疫システムに異常が起こると、有害な物質や異物ではないものの侵入に対して免疫細胞が過剰に反応します。

 

この過剰反応によって起こる症状がアトピーですが、その原因となる免疫細胞の多くは腸内に存在しています。

 

そのため、

 

腸内環境によって免疫細胞の機能は変化してしまうのです。

 

例えば腸内環境が整っていれば免疫細胞も正常に働きます。

 

逆に腸内環境が悪化して悪玉菌が増加すると、有害物質が発生して免疫細胞の働きに異常をきたすことになります。

 

つまり、腸内環境によって免疫システムの働きが変わるので、腸内環境とアトピーには密接な関係があるのです

 

 

 

ヨーグルトの効果とは

腸内環境を整える食べ物と言うと、真っ先に思いつくのがヨーグルトですね。

 

コマーシャルでも腸に働く、腸内環境を正常化するという宣伝文句が使われていますから、腸内環境の改善とヨーグルトをイコールで捉えている方も多いでしょう。

 

ヨーグルトが腸内環境を整える効果を持っているのは、乳酸菌が含まれているからです。

 

乳酸菌というのは、簡単に言うと善玉菌として働くものと善玉菌の餌となるものの2種類に分かれます。

 

善玉菌として働くのは生きたまま腸まで届く乳酸菌で、善玉菌の餌になるのは胆汁や胃酸によって、腸に届く前に死滅したものです。

 

どちらも善玉菌を増殖させてくれるので、ヨーグルトの乳酸菌を摂取することで善玉菌を優勢にして悪玉菌を減少させるという腸内環境の改善効果が期待できるのですね。

 

善玉菌が活性化すれば少量の悪玉菌が生成する有害物質も無害化できるので、腸内環境が整って免疫システムの正常化にも役立ってくれます。

 

 

 

ヨーグルトを食べればアトピーは良くなる?

確かに、ヨーグルトには悪玉菌が優勢になった腸内を改善する効果が期待できます。

 

腸内環境が正常化されれば、免疫システムも正常に働くようになりますから、アトピーの症状を緩和する効果も期待できるでしょう。

 

ただ一つ注意したいのは、ヨーグルトの多くは動物性タンパク質が含まれているということです。

 

動物性タンパク質を摂りすぎるとアトピーが悪化するので、腸内環境を改善するためにヨーグルトを過剰摂取すると、逆にアトピーに悪影響を与える可能性があります。

 

もちろんヨーグルトは食べた方が良いのですが、ヨーグルトだけでアトピーを改善しようとするのはリスクが大きくなってしまいます。

 

ですので、基本的には皮膚の状態を改善するクリームなどでアトピー対策を行いながらヨーグルトをプラスするといいでしょう。

 

バランスの良い食事のためにヨーグルトを食べるというように、サブケアとして取り入れるのが理想です。

 

ただし、腸内環境というのは食事だけで改善するのは難しいですから、乳酸菌の力を借りる必要があります。

 

またヨーグルトにはフルーツやはちみつなど栄養価が高いものを加えやすいので、栄養バランスを整えることにも役立ってくれます。

 

注意点としては、過剰摂取しないこと、動物性タンパク質の含有量が多いヨーグルトは食べないことだけですから、この2点を守っていれば問題ありません。

 

乳酸菌で腸内環境が改善されれば、アトピーケアの効果もぐんとアップしますから、今行っている対策に取り入れて早期改善を目指したいですね。

 

 

アトピー跡が1ヵ月で治った!自宅で簡単にできるスキンケア>>