アトピー ボディーソープ

ボディーソープ選びは大切!

アトピーの人は、肌に直接つけるようなものにも気を使っていきたいですね。

 

そのような意味でもアトピーの症状がある人は、ボディーソープにもこだわる必要があります。

 

ボディーソープ一つでアトピーが悪化するか、アトピーが良くなっていくかに分かれるのです。

 

ここでは、アトピーの人に最適なボディーソープと、悪化を招くタイプのボディーソープについて考えていきましょう。

 

 

 

保湿成分に着目しよう

ボディーソープにもさまざまな種類がありますが、保湿成分が含まれているものは、アトピーの人に最適です。

 

アトピーの人の肌はすぐに乾燥して水分が奪われてしまう傾向にあるので、痒みがひどくなったりアトピーが再燃してしまうことが多いでしょう。

 

つまり、アトピーケアには保湿が必要不可欠だと言うことですね。

 

保湿成分には、セラミド、ホホバオイル、ヒアルロン酸、コラーゲン、スクワラン、グリセリンなどがあります。

 

数あるボディーソープの中でも、保湿成分に満ちた商品を選ぶことがポイントでしょう。

 

アトピー専用のボディーソープもありますが、専用のものでも肌に合わないことがあります。

 

その場合は一層、保湿成分に着目して探した方が肌の潤いを維持出来ると考えましょう。

 

購入する際は、面倒でも保湿成分についてチェックすることです。

 

 

 

合成界面活性剤などに注意

一般的に売られているボディーソープの成分を見てみると、合成界面活性剤が含まれていることが多いでしょう。

 

この合成界面活性剤とは、普通の界面活性剤よりも洗浄力に優れているのです。

 

普通の人の肌であれば、ある程度強い洗浄力があるものでも耐えられるのですが、アトピーの人はそうはいきません。

 

強力な洗浄力によって、角質層や皮脂などの肌のバリア機能が壊れていきます。

 

これでは、アトピーが悪化するだけの結果になるでしょう。

 

合成界面活性剤を含むものは選ばないと言う意識が大事です。

 

さらに、石油系合成活性剤を避けて天然の界面活性剤が含まれているものを重視しましょう。

 

アトピーの人の肌は弱く、バリア機能がなかなか回復しないこともあります。

 

そんな時に刺激の強いボディーソープを使ってしまうと、バリア機能は回復するどころかもっと悪化していくのです。

 

入浴後に保湿をしても、そもそものバリア機能が低下しているので、意味がないことになってしまうでしょう。

 

合成界面活性剤には注意が必要ですね。

 

 

 

無添加で弱酸性のものを選ぼう

弱酸性のボディーソープを最近見かけますね。

 

弱酸性のものは、肌に優しいので赤ちゃんからお年寄りまでが使えるようになっています。

 

一般的なボディーソープと比べると弱酸性のものは、洗浄力が弱いと言うデメリットがあるのですが、アトピーの人にはそこが最適です。

 

アトピー肌は、バリア機能や修復機能が低下していたり、弱いことがあります。

 

そこに洗浄力の強い成分が入り込んだり、一生懸命キレイにしようとすると、なくてはならない皮脂なども落としてしまうのです。

 

痒いからと言って、たくさん洗おうと言う考えは間違っています。

 

洗浄力が弱いもので十分だと考えるべきですね。

 

弱酸性のもので、無添加のものを選ぶとさらに肌に優しいですから、成分をチェックしてから購入しましょう。

 

家族で同じボディーソープを使っている人でも、アトピーの人だけは弱酸性で無添加のものに変えた方が良いのです。

 

石鹸を使っている人も同様に、弱酸性で無添加のものに絞って探してみましょう。

 

防腐剤や香料なども、もちろん含まれていないものが良いのです。

 

 

▼評価の高いボディーソープ▼

 



 

 

 

まとめ

アトピーの人の肌は、普通の人の肌の何倍も弱い為に、市販の刺激が強いボディーソープを使うと、さらにアトピーがひどくなることがあるのです。

 

自分でアトピーを悪化させない為にも、ボディーソープは慎重に選ぶようにしましょう。

 

アトピー専用のボディーソープもありますが、まずは数日試してみて合わないと思った場合には、すぐに中止することが大事です。