アトピー フケ

アトピーのフケ対策はしっかりと!

フケというのは、ターンオーバーによって頭皮の古い角質が剥がれ落ちて出るものですから、誰にでも発生します。

 

正常なターンオーバーによるフケはほとんど目に見えないので、目立つことはありません。

 

しかしアトピーでターンオーバーが乱れていると、古い角質が溜まっているので塊になって落ちますし、落ちきらなかった角質や皮脂汚れのせいで強い痒みが起こります。

 

アトピーだと、いくら清潔にしていてもフケや痒みが出てしまうのですが、不潔や不衛生な印象を与えますから、しっかり対策をしておきましょう。

 

 

 

細かいフケがたくさん出る場合の改善法

細かいフケが出るということは、ターンオーバーのサイクルが短くなったり長くなったりを繰り返している状態です。

 

このサイクルを正常化するには、まずシャンプーからのダメージを抑える必要があります。

 

ドラッグストアなどで売られている市販のシャンプーには、石油系合成界面活性剤が洗浄成分として使われています。

 

これは非常に強い洗浄力があり、頭皮を守る働きをする皮脂まで根こそぎ落として乾燥を悪化させます。

 

また刺激も強く、アトピー肌にはダメージが大きいのでターンオーバーの正常化を阻害し続けますから、アミノ酸など頭皮に優しいシャンプーに変えましょう。

 

アミノ酸を洗浄成分に使っているシャンプーは、皮脂を落としすぎず、潤いを与えながら洗い上げてくれるのでフケや痒みの改善に効果的です。

 

 

 

大きなフケが出る場合の改善法

頭皮の痒みが強く、フケが塊になって落ちてくるという場合は、ターンオーバーのサイクルが遅いため古い角質が溜まってしまっています。

 

こういった状態の頭皮は皮脂の分泌量が多いため、古い角質と余分な皮脂が混ざり合って大きなフケが出てしまうのですね。

 

また、皮脂汚れが頭皮に長く残っていると、それが刺激となって強い痒みも発症します。

 

人によっては脂漏性皮膚炎を発症していることもありますから、殺菌作用がある成分が配合されているシャンプーを使って改善していきましょう。

 

ただし皮脂が原因となっている場合でも、石油系合成界面活性剤のシャンプーを使うのはNGです。

 

確かに皮脂は落とす必要がありますが、落としすぎると頭皮が乾燥するので、さらに皮脂の分泌が過剰になって症状が悪化します。

 

薬用のシャンプーであれば、適度な洗浄力で洗い上げながら頭皮を清潔な状態に保ってくれます。

 

 

 

頭皮も保湿を忘れずに

アトピーによるフケや痒みの原因は、顔など他の皮膚と同じで乾燥が大きく関わっています。

 

顔の皮膚が乾燥したら保湿ケアをするのが当たり前ですが、頭皮は髪に覆われているため保湿ケアをすることは少ないでしょう。

 

頭皮も皮膚の一部ですから、乾燥しているということは保湿力が低下して機能していない状態ですから、この状態を改善する必要があります。

 

ですので、ちょっと大変ですが頭皮もしっかり保湿ケアをしてください。

 

シャンプー前にブラッシングをしたら、オリーブオイルや椿オイルなど髪や頭皮を保湿する効果が高いオイルを使って頭皮マッサージをしましょう。

 

後は普通にシャンプーをするだけでも、オイルの力で保湿力をサポートできます。

 

また、生え際などは紫外線やスタイリング剤のダメージを受けやすいので、普段保湿ケアで使っているクリームを塗るってあげるといいですね。

 

フケや痒みの改善方法で一番良くないのは、早くフケを落とそうとしてシャンプーの時にごしごしこすったり、痒みを我慢できず掻いてしまうことです。

 

ごしごしこすると摩擦によって、掻いてしまうと爪などで頭皮がダメージを受け、さらにフケが多くなるという悪循環が起こります。

 

ターンオーバーは常に行われていますから、フケは取りきるということがありませんから、掻けば掻くほど出てきます。

 

ですのですぐに解消できないとしても、ダメージを与えないようにシャンプーやオイルでケアをしながら、ターンオーバーの正常化を促してあげるのが効果的なのですね。

 

 

評価の高い頭皮保湿ケア

コスメサイトや雑誌などで評価の高い頭皮専用保湿ケアが『健やか地肌』

 

自然な成分で副作用の心配がなく、価格も安いので人気の商品です。

 

 

バナー

 

 

 

ボタン