アトピー うつる

アトピーはうつる?

アトピーの人が気にしている問題の中に、アトピー肌がうつると思われてしまうことがあります。

 

アトピーがひどい人の場合には、周囲の人がうつるのではないかと避けたり、自分から他の人に近づけなくなることもあるようです。

 

果たしてアトピーが他の人にうつると言うことが本当にあり得るのでしょうか?

 

 

 

アトピーは感染症ではありません

アトピーは、ウイルスが原因の感染症ではありません。

 

風邪の菌のように人から人へとうつることはないのです。

 

親から子供に体質的なものが引き継がれると言う意味では、アトピーがうつると表現されることもあります。

 

しかし、本当にうつるのではなく遺伝したと考えましょう。

 

ですから、人から人へアトピーはうつりません。

 

誤解をして、アトピーの人を避けていたりアトピーがうつると信じ込んでいた人は、意識を変えましょう。

 

心配している人もいたかもしれませんが、アトピーはうつりませんので安心してください。

 

 

 

どうしてアトピーがうつると思われるのか

アトピーは、ごく軽度の人から重症な人まで日本では比較的たくさんいるようです。

 

軽度の場合、自分が気付いていないだけで実はアトピー体質だったと言うことは多々あります。

 

アトピーの人と一緒に行動したり、食事を共にした時にたまたまアトピーの症状が出ることもあるでしょう。

 

その時に、アトピーの人と一緒にいたからうつったのだと誤解してしまうことがあるのです。

 

アトピーは感染症ではありません。

 

もともと自分が持っている体質になりますので、ちょっとした事からアトピー体質が出てしまう事もあるでしょう。

 

その際には、自分も元々アトピーになる体質だったのかと言うことを認識しましょう。

 

またアトピーの人と行動する場合には、気をつけなければいけない点があります。

 

アトピーの人の肌は刺激に弱いので、悪化させない為にもアトピーではない人が、むやみやたらに触ったりしないように気をつけるようにしましょう。

 

 

 

アトピーのような疾患はうつることがあります。

乾燥や少しの刺激から肌がただれてしまったり、痒くなることがありますね。

 

アトピーとは、肌のバリア機能が衰えることで、肌が敏感になっている皮膚炎の事を言うのです。

 

このようなアトピーに似たような症状に、とびひと呼ばれる伝染性膿痂疹や伝染性軟属腫である水いぼがあります。

 

さらに、アトピー性皮膚炎と合併することで起こる、カポジ水痘様発疹症もアトピーの症状とは別のものです。

 

こうした皮膚の疾患は、自分のケアが間違っていると広がってひどくなることもありますし、他人にうつす皮膚炎であることを忘れないようにしましょう。

 

早めにケアを行わなければ、次から次へと他人にうつしてしまう可能性があります。

 

アトピーとよく似た症状やアトピーの合併症の皮膚炎の場合には、うつると危険性がありますので、早めに病院を受診して完治させる必要があるでしょう。

 

特にアトピー体質の人は、他の皮膚炎になりやすく回復までに時間がかかることがあります。

 

アトピーだけの問題なら他人にうつす心配はないのですが、他の症状を併発させている場合には、うつさないようにしましょう。

 

 

 

まとめ

このように、アトピーは人から人へ伝染するものではありません。

 

アトピーの人と一緒に行動したり生活していると、自分までアトピーになると言うことは一種の差別になります。

 

アトピーの人は見た目で判断されやすく、うつりそうだと思われてしまうことで精神的に苦しんでいる人もたくさんいるのです。

 

このような誤解を断ち切っていくことで、アトピーの人が差別されずに快適な生活をしていけるものだと考えましょう。

 

ただし、アトピー以外の皮膚炎は早期に治療して他の人に移さない努力は必要ですね。

 

 

アトピー跡が1ヵ月で治った!自宅で簡単にできるスキンケア>>